お金・ビジネス

20代後半フリーランスとしての不安や焦りとは?私なりの解決策。

・フリーランスとしてこのまま生きていていいのだろうか
・収入面や安定性に不安がある
・再就職して会社員としてやっていくべきか?

と考えている方におすすめの記事です。

私は専業フリーランスになってもうすぐ3年目に突入します。

最近外に出て同級生や前の職場の方とお話する機会も増えてきたのですが、その度に「今の自分のままでいいのか?」と不安になります。

・年齢を重ねる焦り
・同級生と比較しての焦り
・自信のなさから出る不安
・収入面・将来性の不安

などなど、20代後半になってきてより考えることが増えてきました。

女性は特に、結婚や出産などのライフイベントもあるので同じように自分のキャリアについて悩む方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな焦りや不安を感じているあなたに、私が感じていたフリーランスとしての焦りや不安と、その解決策(楽になった考え方)をお届けします。

結論、フリーランスとして幸せに生きているならそのままでいいと思う、という話です。

参考になれば幸いです。

20代後半フリーランスとしての焦りや不安とは?

年齢を重ねることでの焦り。再就職のリミットが迫ってくる。

毎年誕生日が憂鬱になるほど、フリーランスになってから年を重ねるのが怖いです。

30代になると女性は特に転職が難しいと言われている中、現在私は26歳。

ぷー
ぷー
なんかやばい。←漠然とした不安

そろそろ転職もリミットなのでは?再就職するなら今しかないのでは?と無駄によく焦ります。

スポンサードリンク

会社員の友人と比較しての焦り。自分ももっと頑張るべき?

会社員として毎朝通勤をし週5日頑張る友人を見ていると、自分はあまり頑張れていないのではないか?甘えているのではないか?と考えてしまうことがあります。

ぷー
ぷー
みんなが凄すぎて引け目を感じる。

また、お金の使い方に関しても違いを感じます。

会社員として収入の安定している友人たちは飲み会に3000円以上を平気で使っています。

でも私は正直、少しためらってしまいます(これは主婦だからかもしれない)。

いい洋服着て楽しそうに旅行へ行く友人を時々羨ましく思いますし、ボーナスのある会社っていいなと感じたりします。

会社でしか学べないことがあるのでは?と自信のなさから不安に。

フリーランスとして生きていると、「自分の視野が狭いのでは?まだ会社員として学べたことがあるのでは?」と思うときがあります。

先日某上場企業のマネージャーさんとご飯に行かせてもらったのですが、自分にはない視点をたくさんお持ちで、大変勉強になりました。

 

上場企業のマネージャーさんに お話を聞いていいなと感じたこと
・人の数倍コツコツ努力する
・ストレスは事前に予測しておく
・嫌なことが起きても感謝する
・人の悪口は言わない
・ネガティブは笑いに変える
・人を大切にする
・朝活をする
毎日激務でも明るく仕事するには マインドが大事ですね

私は会社員経験の浅いままフリーランスになったので、能力的にも精神的にも不安になることがあります。

実際会社員として働いていたときは、チームで協力して仕事を行うことや大きな仕事を任されることもあり、フリーランスでいる今とはまた別の学びがあったなと感じます。

不安定な収入に焦り。会社員に戻りたくなる衝動が起きる。

フリーランスはやはり収入が安定しないので会社員に戻ろうかなという考えが過ぎるときがあります。

できるだけリスク分散し、兼業していたりもしますが、「このままずっと走る気なのか?」とふと我に返るときがあります。

ぷー
ぷー
時々出てくる「落ち着きたい自分」。笑

会社員でいるときは頑張って通ってさえいれば決まったお金を得ることができたのでそういう意味では楽でした。

収入面はもっとスキルや経験を積めば上げれるのでは?と思うことがあり、衝動的に再就職を検討することはよくあります。

20代後半フリーランスとしての焦りや不安に対する解決策・考え方

無理に再就職する必要はない。幸せな生き方とはなにか?

最近転職について考えていたのですが、転職した後の自分がいまほど幸せで余裕のある人間でいられる自信は正直ありませんでした。

修行として数年耐えるか…と考えていましたが、そこまでして再就職する必要があるのか?と、相談しながら冷静に思う自分もいました。

前の会社の先輩からも、「個人でそれなりにやっていけていて、かつそれが楽しい状態なのであれば無理に再就職する必要はないのでは?」とアドバイスを頂きました。

https://twitter.com/puu_blog/status/1102922771745595393

「楽しい事やってた方がいいよ! 家帰って奥さんがしんどそうやったら 家帰りたくなくなるw」 っていうリアルな男性の意見 めちゃくちゃ響いた。世間体とかそんなこと気にせず、個人の生き方にもっと誇りを持って楽しく生きようと思いました。笑

「お金や将来の不安から何かをしようとするってすごくしんどいし、今やっている楽しいことを伸ばしていくほうがいいと思う」と言われ、確かにそうだなと思いました。

ぷー
ぷー
モヤモヤしていたものが言語化された感じ。

実際フリーランスとして自由に生きれているおかげで、心に余裕を持って旦那さんのサポートができています。

朝お弁当を作ったり、夜帰ってきたら話を聞いてあげたりと。

旦那さんが幸せそうなことが私にとってもやっぱり一番嬉しいことで、仕事やお金で得られる幸せとは比べ物にならない気がしています。

 

この記事読んで泣いてしまった。自分がちょうどこの旦那さんの ように葛藤しているからかな。いまの生き方のほうが家族を大切にできそうと思いながらも、「正社員」でないことへの引け目はどこかで感じている。

↑この記事を読んだとき、焦ったり自分のペースを乱したりする必要って本当にあるのかなと自分を見つめなおしました。

人によっては幸せを感じる点はそれぞれのはずなのに、「会社員」という働き方に縛られるってもったいないよなと。

あくまで会社で働くことは手段なのだと改めて感じました。

頑張っている=えらい、ではない。

会社員の友人の頑張りを見ていると時々「自分はこのままでいいのか?」と思ってしまうんですが、その考え方こそ社畜的だなと冷静になると思います。

好きなことして生きていると時々、謎の罪悪感に苛まれることがあるんです。

・頑張っていなくていいのか?
・通勤していなくていいのか?
・正社員でなくていいのか?

と、世間の当たり前にどうしても流されそうになることがあります。

それは自分の中で未だに「しんどいこと=お金がもらえること」というイメージがこびりついているせいかもしれません。

ぷー
ぷー
脳内社畜。

ただ今ではフリーランスのような自由な生き方で生活している人も増えていますし、価値提供さえできていれば好きなことでお金をもらうことも変なことではありません。

むしろそういう生き方ができていることをもっと誇りを持つべきだし、自信を持っていいのでは?と思えるようになりました。

個人で生きていく際に会社員の考え方・スキルは必要なのか?

会社員でない自分に対しスキル的に不安になることはあるんですが、そもそも会社員としての学びが本当にいまの生き方に必要なのかを考えてみました。

答えは半分YESで半分NOかな、と。

たしかに会社員時代の経験がなければいい結果につながっていないことって実際あると思っています。

ぷー
ぷー
学びは多かったのでとても感謝している。

初歩的なことでいうとビジネスメールも会社で学んだし、お客さんとの接し方やビジネスの考え方も会社に属したことで会得してきました。

ただすべてが個人で生きていく際に必要だったかというとNOで、やっぱり自分で0から1を生み出す経験は独立してからでないと学べませんでした。

技術的なことはもしかすると会社員として学ぶほうが効率いいかもしれません。

しかし今後も個人のフリーランスとして生きていきたいと考えている私にとって、改めて会社員としてのスキルを得る必要があるのかなと考えると微妙かなとも思いました。

収入はピンキリ。頑張れば会社員以上を目指せる可能性はある。

収入が不安定というのは変わらない事実ですが、個人であれば頑張れば頑張るほど増やしていくこともできます。

会社員時代、私は収入の増えなさに絶望した経験があります。

どれだけ頑張っても収入の増減は会社のさじ加減なので、頑張るほど消耗するだけでした。

https://twitter.com/puu_blog/status/1101681928212639744

 

会社でがんばれば給料が上がると必死だったときはかなり消耗したな。成果をだしても会社都合で給料は上がらず、2年目は仕事だけが増えた。収入を上げたいなら早く帰って副業するほうがいいと昔の自分に教えてあげたい。

そう考えると今の生き方は自分に合っています。

頑張れば頑張るほど結果に結びつくので楽しいですし、本当にじぶんの頑張り次第だと思います。

収入面で不安があるなら兼業するとかもいいですよね。

私は兼業し始めてから収入面の不安はかなり落ち着きました。
関連記事:おすすめの副業6選!お家で出来るお仕事とは?【資格・職歴不要】

実際会社員では得ることのできない収入を得ることができるのも、会社に属さない生き方の魅力ですね。

まとめ:自分の幸せを見つめ直そう。働き方はそれぞれでいい。

今回はフリーランスとして感じる不安や焦りをぶっちゃけつつ、私なりの解決策を綴ってみました。

フリーランスでなくとも20代後半に差し掛かるとキャリアについて迷われている方はたくさんいると思います。

転職するか、専業主婦になるか、フリーランスで生きていくかなどなど、同じように進んできたはずの同級生も枝分かれしていくタイミングなのでいろいろ考えてしまいますよね。

私もしょっちゅう迷って暴走してネガティブになりますが、やっぱり自分が生きたいように生きるのが一番だなと思います。

ぷー
ぷー
私は世間体に縛られていたら幸せに生きられないタイプだった。

特に個人でやっていると「これでいいのか?」「続けていて大丈夫か?」と不安になることは多いですよね。

でももっと今の自分の生き方に自信と誇りを持っていい!、と人生の先輩方とお話をしていて感じました。

今後はさらに個人で生きていく人も増えてきますし、いいロールモデルとして走れるように私は頑張っていきたいと思います。

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!

ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験→現在フリーランス。『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>お仕事依頼等はこちらへ!
YouTubeチャンネル

ミニマリストの暮らしを動画でも発信しています!チャンネルもぜひチェックしてみて下さい♪