ブログ運営

ブログ書けないときの原因と対処法5つ!無理をしない長期継続のコツ

この記事をご覧の方は、「ブログを書きたいけど書くことが思いつかない」「パソコンの前に来てみたけどそこから何分も動けない」と悩んだことがあるのではないでしょうか。

こんにちは、ブロガーのぷー(@puu_blog)です。

いや〜、、めちゃくちゃ気持ち分かりますよ。笑

書けないときはほんと書けないし、何も思いつかないときってありますよね。

ですが、これから紹介する5つのことを意識し、実践すれば大丈夫です。

・完璧主義をやめよう

・書き始める前からネタを用意しておこう

・過去の記事をリライトしよう

・Twitter見るのやめよう

・思い切って休もう!!!←重要

いまブログが書けないと悩んでいる方の助けになれれば嬉しいです。

ブログが書けない・頑張れない人の原因と対処法

ブログが書けないのは完璧主義が原因かもよ

ブログが書けないと悩んでいる方の多くは完璧主義です。

・〇〇さんのような記事を書かないといけない

・下手な文章を出して笑われたくない

・中途半端なものを出したくない

などの考えがあれば、まず捨てましょう。

厳しいかもしれませんが、あなたが考えているほど他者はあなたのことを気にしていません

逆に、あなたが「ダメだ…」と思う記事でも、他者から見れば「心を動かす1記事」になっているかもしれません。

世に出さない限りは良くも悪くもなにも起きないので、まずは書いて下手でも出してみましょう!

スポンサードリンク

ブログが書けない人は書く前にネタを用意しよう

パソコンの前に座り、「よし書くぞ!」となってからネタ探しでは少し遅いです。

さらさら文章が書けるときって、前日までには書きたい記事ネタが決まっていて構成も頭で少し考えられている状態のときが多いなと思います。

パソコンの前に座ってからネタを考えるのではなく、日常生活の中でネタ探しをしておきましょう。

何か思いつけばメモをし、記事を書くときにはそのメモを見てすぐに書き進められるようにしておきましょう。

ブログを書けないのなら過去記事のリライトをしよう

どうしても新記事が書けないというときは昔書いた記事を書き直してみましょう。

リライトをすると自身の成長を感じることができるし、「ここもっと補足したいな」というところがあれば、そこで新記事のネタが生まれます。

わりとネタ探しに効果的なのでおすすめです。

ブログを書けないのはTwitterを見ているからかも

しばらくTwitterを見ず、記事を書くことに集中することもおすすめです。

【Twitterあるある】

・ブログ論が横行しており、誰を信じていいのかがわからない

・みんなのブログ収益報告を見て落ち込み、モチベーションが下がる

・ノウハウだけが集まり、どう記事を書いていいかがわからなくなる

上記に身に覚えがある方は今すぐTwitterみるのをやめましょう。

信じる人は1人か2人くらいに絞って、その人たちから徹底的に学ぶほうがよっぽど精神的にもいいと思いますよ!

意外と、Twitter見ていただけでもこんなに時間が経っていたの!?なんてことも多いので注意しましょう。

関連記事:ブログで稼ぎたいなら、ブログ講座「BlogHacks」を受けよう!

ブログを書けないなら、思い切って休もう

ときには思い切って休んでしまったらいいと思います。

ブログを書くことを休む代わりに、本を読んだり、映画を見に行ったり、街に出てみたり、インプットに集中してみましょう。

そこでなにか感じたものがあればメモをしておけば新記事のネタにつながります。

インプット不足だとどうしても書けることがなくなっていきます。

時には休んでインプットの量を増やし、休んだあとはアウトプットしていきましょう。

まとめ:ブログは長期的な視野を持った運営が大切

ブログは始めてから3~6ヶ月でようやくPV数が伸びてくると言われています。

「毎日更新をしないと」と頑張りすぎたり、なかなか記事が書けなくて辛くなってしまったりして、途中でブログをやめてしまう方をよく見かけますがすごく勿体無いなと思います。

ブログは長期的な視野で、途中休んでもいいから「続ける」ことが大切だと思うのであまり悩みすぎず、ほかの人と比べすぎず、コツコツ進んでいきましょう。

ABOUT ME
ぷー
ぷー
新卒2年目でうつ病になり、会社を退職。YouTubeやブログなどの情報発信を通じて毎日マイペースに生活中。 「お家でムリせず働きたい」「会社で働く以外の選択肢を持ちたい」という方に向けて発信しています。>>他メディア寄稿記事はこちら!