断捨離

断捨離のやりすぎで起きた3つの弊害。虚無感の解決策を紹介するよ!

・断捨離をやりすぎたらどうなるの?

・断捨離で虚無感に襲われたんだけどどうしたらいいの?

・どうすれば断捨離ロスから抜け出せるの?

という方におすすめの記事です。

私は約2か月ほど毎日のように断捨離を進め、やっと捨てる物がほぼない状態にまで落ち着きました。

ただそこで待っていたのは「無気力」「虚無感」など、想像していた感情とは違うものでした。

理由はいくつかあり、

  1. 断捨離で捨てることが目的となっていたから
  2. モノで寂しさを埋めていたと気づいたから
  3. なんとなくで時間をつぶすことに抵抗を持ったから

などが挙げられます。

ただこれらの出来事はすべて、断捨離で起きたいい変化の裏返しなんです。

同じように悩んでいる方の助けになれればと思い、こうなってしまった原因と解決策を考えてみました。

参考にしていただければ幸いです。

断捨離のやりすぎで起きた3つの弊害

断捨離が終わったら虚無感に襲われた

断捨離は元々、「自分の大好きなモノだけに囲まれた上質な暮らしがしたい」という理由で始めました。

しかし途中からは「捨てること」が目的に変わり、目的を終えたら「捨てるものがない…」とさまようこととなりました。

私は断捨離を進めるうちに、

・自分の好きな物や必要な物を思い出せた
・目に入る物に「大好きな物」の比重が増えてきた
・自分が使える時間も増えた
・部屋もキレイに片付いてきた

などさまざまな良い効果を実感し、私は断捨離のトリコとなりました。

ただ、断捨離のやりすぎで捨てることが快感な状態にまでなっていたのです。

結果部屋が片付き、捨てる物がなくなってきたら楽しさを奪われた気持ちになりました。

ただただ時間ができて暇になってしまったのです。

スポンサードリンク

物で心のスキマを埋めようとしていたことに気づいた

断捨離で物が減ったことで自分を客観視できるようになりました。

「自分の部屋には好きな物・必要な物がほとんどなかった」ということにも気づきました。

ではなぜそんなにいらない物をたくさん保有していたのかと考えると、「物で寂しさを埋めていたのではないか」と。

私は中学生のころから家族とうまくいっておらず、その時から部屋はゴミ屋敷状態でした。

うつ病と診断された時の初期症状と治すために取り組んでいたことこんにちは、ぷー(@puu_blog)です。 このページをご覧の方はもしかすると、「自分はうつ病なのかもしれない」と思われていたり...
ぷー
ぷー
ゴミすら友達のように思っていたのかもしれません。

その友達が一気にいなくなったら寂しいし落ち着かないのは当然です。

「散らかっている部屋のほうが落ち着く」という方は分離不安があるのかもしれません。

分離不安障害とは、愛着のある人物や場所から離れることに対し不安を感じることの心理学用語である。(出典:Wikipedia

寂しさや心のスキマを大量のモノによって埋めている状態は健全ではありません。

私はなにかに夢中になれることでこのスキマを埋めれるよう改善しないといけないと気づきました。

断捨離で取捨選択がうまくなり、動けなくなってしまった

断捨離で物を捨てる行為を通じ、「取捨選択」がうまくなっていきました。

・なんとなく持っているもの→捨てる

・捨てる際・新たに物を買う際→必ず理由を考える

などを徹底して行っていたからです。

ただ結果として、私は何をしていいか分からなくなりました。

これまでなら、「ひまだしゲームでもするか」と時間をつぶしていました。

しかし今は「やりたくもないのにゲームをなんとなくするって何なの?」と思い、動けなくなってしまったんです。

ぷー
ぷー
極端すぎるw

「理由を考え、納得したら何かをする」ということを徹底していった結果、ヒマな時間だけが増え、空虚な状態になりました。

断捨離のやりすぎで虚無感に襲われたときの解決策。

断捨離前に「時間を何に使いたいか」を考えておく

まずおすすめしたいのは、断捨離でできた時間を何に使いたいかを考えておくことです。

私は「断捨離」で捨てることを終えた途端、めちゃくちゃヒマになってしまいました。

「時間が欲しい」と言いながらも、余った時間を何に使うかは具体的に決めていなかったからです。

断捨離で物が減ると想像以上に時間を確保することができます。

だからこそ、その時間で何をしたいかを考えておくことは大切です。

断捨離では捨てるだけでなく買い足すことも大切

断捨離をでは「物を減らすこと」に注目しがちですが、そもそもの目的は「人生を快適にすること」だと思います。

人生を快適にする物であれば断捨離中であろうが物は買ってもいいのです。

ぷー
ぷー
減っていくばかりでむなしくなるのはある種当然だと思います。
夫
もちろん物には手間や時間がついて回るので少ないほうがいいでしょう。

けれど断捨離中に「これが自分には必要だ!」「これが好きだ!こんなものが欲しい!」と感じる物があったら買い足してもいいんですよ。

物を持つことが悪いことではないんです。

いらない物をむやみに持っている状態が良くないだけなんです。

自分の好きな物・欲しい物が分かったら早速買い物に出かけてみましょう!

ぷー
ぷー
ちなみに私はタオルを買いなおしました!ふわふわでミニマルなタオルが欲しかったので嬉しいです!

新たに物を買うときは「自分の大好きだと思える物」を選べるといいですね。

ちなみに、お金を使うなら幸福度の長続きするものがおすすめですよ!

有意義なお金の使い道3選!幸せが長続きするお金の使い方しってる? ・大事なお金を価値あるモノに使いたい ・幸せが長続きするお金の使い道を知りたい ・有意義なお金の使い道ってなに? ...

さらに好きなこと・興味のあることを見つける

時間ができて暇になってしまった方は今以上に夢中になれるなにかを見つけるほうがいいかもしれませんね。

私はブログを書くことが好きですが、さすがにずっとブログを書いているのは飽きてしまいます。

断捨離も少し前は趣味でしたが、それもなくなってしまいました。

空白ができた分なにをしていいかわからなくなったら興味のあることにどんどん挑戦してみてはいかがでしょうか。

ぷー
ぷー
おすすめは自分でなにか生み出せる生産活動ですね!
与えられたなにかを消費しているうちは豊かになりづらいので。

個人的にはブログがおすすめですが、あなたの興味のあることなら何でもいいと思います。

少しでもピンと来るものや昔興味があったけど挑戦できずにいたことを取り組んでみてはいかがでしょうか?

私は断捨離の一環で「ラジオ配信」を止めていましたが、再開することにしました。

断捨離を続けていく中で感じた、自分の好きなことだったからです。

何にも興味を持てることがない状態ならばもっと視野を広げてみることをおすすめします。

知らないと興味を持つこともできないので本屋で色々見まわってみてはいかがでしょうか?

やりたいことが分からない人がやりたいことを見つける3つの方法。 ・やりたいことが見つからない ・やりたいことがある人がうらやましい ・どうすればやりたいことを見つけられるのだろう ...

まとめ

今回は断捨離で起きた悪影響について紹介してみました。

ただこれってメリットの裏返しなんですよね。

  1. ヒマだと感じるほど時間ができた
  2. 取捨選択ががうまくなった
  3. 大好きなモノに囲まれる生活に変わった

など、本来は喜ぶべきことがたくさん起きているんです。

裏返すとこの記事で書いたような悪影響もありますが、やっぱりモノを減らすことは人におすすめしたい行為だと感じました。

もし私のように断捨離で無気力になってしまった方は、

・時間を何に使うか考える
・手放すだけでなく買い足す
・興味のあることを増やす

ということをやってみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

断捨離の効果がすごい!いいことだらけでやらない理由がないぞ。 ・断捨離を始めたい ・断捨離を頑張りたいけれど続かない ・断捨離ってどんな効果があるの? という方におすす...
断捨離の参考になったおすすめ本を3冊紹介! ・片づけや断捨離について学べる本が知りたい ・参考になる片づけの本ってどれ? ・2度と大掃除をしなくていいよう、掃除...
ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験。自分の心に背くことはしないと決め、「仕事」「人間関係」「大量のモノ」を断捨離しました!『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>他メディア寄稿記事はこちら!