モノを減らす

【服を捨てる基準と処分方法】これでゴミ袋3袋分の服を手放せた!

・服が多くてクローゼットがぐちゃぐちゃになっている
・服を捨てたいけれどもったいなくて捨てられない
・服の処分方法はどうしているの?

という方に向けた記事です。

私もあなたのように服が捨てられず、服に溢れた生活をしていました。

服がありすぎるあまり、お店に行っても「どんな服が家にあったかわからない…どうしよう…」と感じた経験が何度もあります。

その結果、家にある同系統の服を再び買ってしまったり、着まわししづらい服を買って結局着なかったりと、着ない服が増えるばかりで困っていました。

この状態を打開すべく、たくさんの断捨離本を読み、どうすれば大好きな服だけに囲まれたシンプルな暮らしができるかを考え、実践してきました。

そんな私は先日、3袋分の服とお別れすることができ、服を捨てる基準を明確化させることができました。

服を捨てる際の基準として考えて欲しいのは、

  1. 1年以上着ていない服は捨てる
  2. トキめかない服は捨てる
  3. 外に出して違和感のある服は捨てる
  4. プレゼントされた服も気に入っていないなら捨てる

です。

この順番で手持ちの服を見直し、1つ1つとお別れしていきましょう。

この記事では服を捨てる基準とその理由、服の処分方法についてまとめております。

ぷー
ぷー
動画でもご覧いただけます!

服を捨てる基準って?服を捨てられない人におすすめな方法

1年以上着ていない服は迷わず捨てる

「いつか着るかも」と置いておいた服、そのいつかは来ないので捨てましょう。

1年も着なかった服はその後も着ることはありませんので安心して捨ててください(経験者)。

ぷー
ぷー
捨てられないという方は試しにその服たちだけ袋に入れておいてください。そのまま出されることはないでしょう。

人は、自分の所持しているものを通常よりも高く評価する傾向があります。

「いまこの服を持っていないとして、この服をお金を出してまた買うか」を考えてみるとさらに分かりやすいでしょう。

買わないと思ったのであればやっぱりいらないのです。

↓モノを捨てられない人、Noといえなくて悩む人にはこちらの本がおすすめ。

スポンサードリンク

大好きだと思えないトキめかない服は捨てる

今あるすべての服を一箇所にまとめ、1つずつ触りながら自分にとってトキめく服なのかを見極めてみましょう。

ぷー
ぷー
トキめくの基準は、本当にその服が大好きと思えるかどうかです。

「まあまあ」とか、「そんなに好きじゃない」と思うものは捨てましょう。

本当に大好きな服だけに囲まれるようになると、これまで以上にファッションを楽しめるようになりますよ!

「シミができている」、「学生時代に買って流行遅れ」、「色が自分に合わない」など、トキめかない服には必ず理由があります。

その理由を考えてから捨てると次新しい服を買うときにいらない服を買わずに済むのでおすすめです。

↓ときめくモノだけに囲まれた片づけの方法をさらに知りたい方はこちらの本がおすすめ。

 

外に出しておいても違和感のない服は残し、それ以外は捨てる

人は都合の悪いものを見えなくすること(収納)で隠そうとします。

だからなんとなく好きでもない服をたくさん所持してしまい、気づけば服で溢れた生活となってしまうのです。

トキめく服を選抜し終えたら、残った服をすべてハンガーなどに吊るして飾ってみましょう。

そして、残っている選抜の服たちが並んだ状態でも違和感がないかを見てみるのです。

 

いつでも視界に入る状態であったとしても、その服たちは見ていて居心地がいいか、トキメクかを最終確認することがおすすめです。

ぷー
ぷー
そうすると違和感のある服や自分の好きな服の共通点が見えてきます。

必要な服の数はそこまで多くありません。

本当にいいと思うものだけを残していきましょう。

人にプレゼントでもらった服も捨てていい

人にプレゼントしてもらった服、おさがりでもらった服など、特に捨てづらい服も中にはありますよね。

その服が大のお気に入りであれば取って置くといいですが、そうでないものは手放しましょう。

ぷー
ぷー
プレゼントは受け取った時点で役目を終えています。

結局着ていないのであれば持っていないことと同じです。

渡した側の気持ちを考えても「自分の渡したものでそこまで悩ませているなんて…」と思いませんか?

自分にとって必要がないと感じたのであれば手放してOKです。

ありがとうという気持ちを念じつつ、さよならすると捨てやすいですよ!

↓最小限のモノだけで暮らす生活を覗いてみたい方、あこがれのある方にはこちらの本がおすすめです。

捨てる予定の服、おすすめの処分方法は?

服は基本は「全捨て」。ゴミの日に出そう!

服を捨てるのはもったいないからどこかで売ろう、という方も多いと思います。

けれど断捨離に慣れていない人は基本全捨てでいきましょう。

ぷー
ぷー
売るのもいいんですが、断捨離初心者にとっては挫折につながやすいのでおすすめしません。

どこかに売ろうとするとその時間や手間がかかりますよね。

その手間を想像しているうちに、人はモノを手放すことが面倒になってきます。

本来の目的は服を減らし、快適な暮らしを得ることだったはずです。

だからこそ、もったいないですが基本は全捨てでいきましょう。

ゴミの日で捨てるタイミングは市区町村によって異なりますので確認が必須です。

私の居住地域では「古紙・衣類の日」があったのでそのタイミングで一気に捨てました!

大量の服はリサイクルショップに持ち込みで売る

どうしても「捨てるのは嫌だ、お金にしたい」という方はリサイクルショップへの持ち込みを検討してみてはいかがでしょうか。

ぷー
ぷー
一気にたくさんの服を手放せますし、多少のお金にはなるでしょう。

一つ一つ包装して送る、なんてことはしなくていいので一気に服を手放したい方にはおすすめです。

ただブランド品などはネットで売るほうが高くつく可能性が高いです。

手間かお金か、あなたの好きなほうを選びましょう。

ブランド品はメルカリで売る

ブランド品などはメルカリで出品してみてはいかがでしょうか。

包装&発送しないといけないのでハードルは多少ありますが、高く売れる可能性はありますね。

ぷー
ぷー
高級なものほど思い入れもあるだろうし、簡単に捨てられないなら欲しい人に譲ってあげましょう。

ブランド品以外は高値での取引は難しいですし、発送費用やかける時間を考えると微妙かなと思います。

ただ自分の着なくなった大事な服を誰かが求めてくれるのは嬉しいことですし、思い入れのあるものであれば一度出品してみるといいかもしれませんね。

メルカリは匿名配送も可能で、初心者でも簡単に出品ができるので安心ですよ!

メルカリで出品してみる

UNIQLOやGUで引き取ってもらおう

洋服店の中にはリサイクルとして着なくなった服を引き取りしている店舗があります。

UNIQLOやGUではこの2店舗で買った服を無料で引き取りしており、引き取った服は海外の子供たちに渡されていきます。

資源の無駄をなくすことを考えるのであればリサイクルも一つの手ですね。

一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

UNIQLO・GUのリサイクル活動を見る

まとめ

今日は服を捨てる基準と処分方法について解説しました。

  1. 1年以上着ていない服は捨てる
  2. トキめかない服は捨てる
  3. 外に出して違和感のある服は捨てる
  4. プレゼントされた服も気に入っていないなら捨てる

服を捨てることに罪悪感を抱く方はおそらく多いでしょう。

ぷー
ぷー
リバウンドしないよう、捨てる前にきちんと理由を考えて捨てることは大切ですね。

また、残った服をみて自分の大好きと思える服の特徴持っている服の量、種類を適切に把握しておくといいでしょう。

服が減れば買い物に行った際にも、「どんな服があったか覚えていない…」なんてことはなくなります。

残った服だけ一枚一枚写真に撮っておけば、同じような服を間違えて買うこともありません。

一気に整理することは難しいかもしれませんが、一度この基準でトライしてみてはいかがでしょうか。

処分は基本「全捨て」で、ブランド品・思い入れの強くあるものはメルカリで出品して求めている方に回していきましょう。

今回もご覧いただき、ありがとうございました!

ミニマリストに学んだ【物を捨てる6つのコツ】 ・片付けが苦手でなんとかしたい ・どうすれば上手にモノを捨てられるのだろう? と考えられていませんか? 私は片...
【物を減らせばお金が貯まる】部屋と貯金が密接にかかわる3つの理由「お金を貯められるようになりたい」「お金が貯まる部屋作りをしたい」、そんな方におすすめの記事です。 こんにちは、ミニマリストぷー(...
ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験→現在フリーランス。『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>お仕事依頼等はこちらへ!
YouTubeチャンネル

ミニマリストの暮らしを動画でも発信しています!チャンネルもぜひチェックしてみて下さい♪