仕事・働き方

嫉妬の心理・正体って?どうすれば克服できるのか、向き合い方を紹介

「人に嫉妬してしまう自分が嫌だ」、「なぜ嫉妬などというネガティブな感情が出てくるのだろう」、「嫉妬とうまく付き合っていきたい」

と考えられていませんか?

私も時々人に対して嫉妬を覚え、ネガティブな気持ちになってしまいます。

こんなこと考えたくない、なぜ嫉妬など生まれるのだろうと悩んできました。

けれど嫉妬の正体や向き合い方を知ることで気持ちが楽になってきました。

嫉妬する対象というのは実は、『自分のなりたい姿』を表しています。

この記事では嫉妬に悩む方に向け、嫉妬してしまう心理や克服方法を解説しています。

悩んでいる方にとっての参考となれば幸いです。

嫉妬の心理・正体って?

嫉妬は『自分のなりたい姿』を表しています。

そして嫉妬する対象は自分が手が届きそうな人(身近な人)に限られています。

これまでイチローさんに嫉妬を覚えた人は少ないのではないでしょうか。

どれだけ偉業を成し遂げていようと、自分とあまりにかけ離れた対象の人には嫉妬を抱かないものです。

ぷー
ぷー
野球をしていた人は同じ属性の人としてもしかしたら嫉妬したことはあるかもね。

基本的には自分の属している会社の同僚や後輩、学生時代の同級生、年齢の近い兄弟に対しての嫉妬が多いのではないでしょうか。

そして嫉妬するのは、自分の手が届きそうで届いていないところを身近な誰かが届いているから腹が立つのです。

『私だってあのくらいできる』とか『(本当は彼女のようになりたいけれど)なれないし、さらっとなれているからムカつく』とか。

受け入れがたいかもしれませんが、嫉妬は自分の羨ましいという気持ちから来ているという点を理解しましょう。

嫉妬したくない。どうすれば克服できるのか?

反発せず、羨ましいという気持ちを認識すること

嫉妬を覚える対象がいたら、『自分はこんな風になりたいんだ』、『○○の手に入れているものが欲しいんだ』と冷静に認めてあげましょう。

反発して対象者の悪いところをみつけようとしたり、悪口を言ったりしているうちには何も前進しません。

そんなことをしていても嫉妬している自分を嫌いになってしまうだけです。

まずは『嫉妬をしている』という自分を冷静に観察し、受け止めましょう。

スポンサードリンク

なりたい姿に向け、行動を起こすこと

『悔しい』『ムカつく』と思っていても事態は何も進展しません。

あなたの理想の姿(ロールモデル)が近くにいるからこそ、どうすれば同じようになれるのかを一度考えてみましょう。

ぷー
ぷー
フォロワー数が多くてそれをひけらかしている人が嫌なら、自分もフォロワー数が増えるように行動するまで。

克服したいなら、なりたい姿に向けた行動を起こすことです。

人間なので嫉妬はしてしまうものです。決してコントロールが効くものではありません。

排除したいネガティブな感情ですが、ポジティブに捉えると『自分のなりたい姿』や『やってみたいこと』を如実に表す感情でもあると思っています。

やりたいことがない、なりたい将来像がない、という人ほどこのネガティブな感情を大切にしましょう。

自分の心の中が少しずつ見えてくると思います。

まとめ:嫉妬はもっとも大事にすべき感情かも

今回は嫉妬について記事を書かせていただきました。

嫉妬は『自分のなりたい姿』、しかも『身近な相手にしか抱かないもの』です。

克服するには嫉妬をしているという自分を受け止め、行動を移すしかありません。

最初はこんなこと受け止め難いと思います。

むしろ嫉妬する対象を憎んでしまったり、敵として認識してしまったりするかもしれません。

ぷー
ぷー
私もそうでした。

けれど嫉妬するほど、悔しいと思うほど、あなたはその方のようになりたいんだと思います。

そうでなければここまで強い感情を抱くことはありません。

嫉妬という感情はネガティブなものですが、捉えようによっては自分の道しるべです。

どうせなら嫌な感情を利用し、自己成長につなげていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験→現在フリーランス。『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>お仕事依頼等はこちらへ!
YouTubeチャンネル

ミニマリストの暮らしを動画でも発信しています!チャンネルもぜひチェックしてみて下さい♪