主婦の断捨離ブログ

ミニマリストに学ぶ断捨離のコツ6つ!もったいないから捨てられない人必見

・片付けが苦手でなんとかしたい
・どうすれば上手にモノを捨てられるのだろう?

と考えられていませんか?

私は片付けがとっても苦手でいつもたくさんのモノに囲まれて暮らしています。

本当は綺麗な部屋で、大好きなモノだけに囲まれた暮らしがしたいと思いつつも、なぜかそうはなりません。

ある日原因の1つはモノが多すぎることだと気づき、ミニマリストの方の教えに基づき断捨離を始めました。

  1. どうしてモノをへらしたいか考える
  2. 捨てるか迷うもの=いらない
  3. 朝一で捨てる
  4. とりあえずBOXに入れる
  5. 写真に撮ってから捨てる
  6. モノを捨てる前に理由を考える

これはミニマリスト(※必要最低限のモノだけを持ち、豊かに暮らす人)のしぶさんの教えです。

この記事では私が学んだ断捨離術について紹介しつつ、実際に試してみてどうだったのかについて書いていきます。

片付けられなくて悩んでいる方、モノが捨てられず悩んでいる方に参考になれば嬉しいです。

ミニマリストに学ぶ断捨離術6つ

>>参考記事&動画:元ゴミ屋敷の住民がミニマリストになれた捨てる技術まとめ

どうしてモノを減らしたいのかを考える

モノを減らした先にあるメリットや目指したい姿をモノを減らす前に考えましょう。

目的がきちんとなければ挫折の原因になりますし、またモノが増えてしまうかもしれません。

私の場合は、

  1. なにがどこにあるか分からない状態が嫌なのでモノの少ない生活をしたい
  2. 好きなものに囲まれた上質な暮らしをしたい

という2点でした。

見ていてテンションの上がる数ある大好きなものだけに囲まれ、なにがどこにあるかをきちんと把握できている自分になりたいなと感じました。

スポンサードリンク

捨てるかどうかを迷うものは捨ててOK

捨てるかどうかで迷うものはいらないものなので捨てても大丈夫です。

身近にある携帯を捨てようと考える人はほとんどいないのではないでしょうか?

携帯は絶対に必要ですし、捨てようとすら考えないものだからです。

ぷー
ぷー
私の場合、パソコンとかゲームを捨てようと絶対思えないですね。

だからこそ迷うものは不要な可能性が高いので捨ててしまっても問題ありません。

断捨離でいらないものに分類された物・捨てて後悔した物とは?断捨離でいらないものに分類されたもの 使っていないコスメ類 マスカラやアイライナーなど2本以上あるものは1本になるまで手放し...

朝一でまとめて捨てる

朝が人間は一番エネルギーのある状態なので断捨離をするなら朝一に行いましょう。

捨てることはスポーツ並みに疲れることで、かなりのエネルギーを消耗します。

ぷー
ぷー
私もやってみたけど1時間くらいモノを捨てていたらヘトヘトになりました。

調べてみたところ、人は『選択』をする際にかなりのエネルギーを使うようです。

だからこそ一気に片付けてしまわないと挫折をしがちです。

モノに溢れ、余計に部屋がぐちゃぐちゃになったりするので注意しましょう(経験談)。

とりあえずBOXに入れる

捨てるか迷うものは『とりあえずBOX』にいれてしまいましょう。

どうしても捨てていいか迷ってしまうものは、いきなり捨てずに少し様子をみるという選択もありです。

ぷー
ぷー
断捨離初心者は特に捨てることへのハードルが高いと思うのでおすすめです。

ただ実際に『とりあえずBOX』にいれたモノに関しては結局後日捨てる対象となりました。

なぜなら2週間後にはなにが入っているかも覚えておらず、一度も取り出すことがない不要品だったからです。

『迷ったら捨てる』という考え方は結局正しいんだなとその時感じました。

写真に撮ってから捨てる

大事なモノは写真を撮ってから捨てましょう。

友人にもらったプレゼント、卒業アルバムなどは『モノにまつわる記憶』があるからこそ捨てることへのハードルがかなり高いです。

※モノを捨てる優先順位についてはこちらの記事で紹介しています。

私も『捨てるのが申し訳ないな…』と思っていたものはすべて写真に撮り、減らしていきました。

実際こうして写真に残すほうが何度も見直すかも、というのが正直な感想です。

モノを捨てる際は必ず理由を考える

モノを捨てる前にはきちんと『なぜそのモノを捨てるのか』という理由を考えましょう。

その工程を怠ると、結局また同じようなものを買ってきてしまったり、リバウンドの原因になりかねません。

ぷー
ぷー
この服はサイズが合わない、1年以上着ていない、色が似合わない…とかね!

実際にやってみたところ、なんとなく残しているものいつか使うと思って使っていないものが多かったです。

これからは大好きなもの、絶対に必要なものだけを残し、上質な生活ができるようになりたいと感じました。

まとめ:断捨離初心者こそ基礎に忠実であれ

今回はミニマリストしぶさんに学ぶ断捨離術6つと実際に試して感じた点などを紹介してみました。

  1. どうしてモノをへらしたいか考える
  2. 捨てるか迷うもの=いらない
  3. 朝一で捨てる
  4. とりあえずBOXに入れる
  5. 写真に撮ってから捨てる
  6. モノを捨てる前に理由を考える

私のようにモノで溢れかえり、片付けが下手な人は、片付け上手な人から片付けの基礎や考え方を学ぶべきだなと感じました。

捨てていく中で『しぶさんの言っていた通りだ!』と感じることが私は多かったですね。

ぷー
ぷー
ひとまず2Lゴミ袋、2袋分くらいのモノは減らしました!

ミニマリストしぶさんが出されている「手ぶらで生きる」という本の中でも、片付けについて紹介されている点があり、大変参考になりました。

よかったら書籍とともにYouTubeも参考にしていただきたいなと思います(※回し者ではありません。ただのファンですw)。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

ミニマリストしぶさんのYouTubeチャンネルはこちら

 

 

ABOUT ME
ぷー
ぷー
新卒2年目でうつ病になり、会社を退職。YouTubeやブログなどの情報発信を通じて毎日マイペースに生活中。 「お家でムリせず働きたい」「会社で働く以外の選択肢を持ちたい」という方に向けて発信しています。>>他メディア寄稿記事はこちら!