ミニマリスト

【もう嫌だ】ミニマリストをやめたら起きた、2つの変化

本日は、ミニマリストをやめたら起きた2つの変化、というテーマでお届けします!

まず、ミニマリストをやめるとはどういう状況かというと、

・壊れたもの(不用品)があってもすぐに捨てない
・物が増えてもその分の物を減らさない(1in1outしない)

といった、ミニマリストらしからぬ行動をしている状態ですね。

約2か月ほどそんな暮らしをしていたところ、ミニマリストだったころと比べて大きな変化がありました。

 

本記事の結論を先に言っておくと、やっぱり物は少ないほうがいいですね。

ミニマリストの暮らしは人生を豊かにする、と実感しました。

・今ミニマリストを目指している方
・最近物を減らすことを疎かにしていたなぁという方

が改めて物を減らしたくなる気持ちになる内容だと思います。

モチベーションを上げたい方やミニマリストをやめたらどうなるのか気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

ミニマリストをやめたあと起きた2つの変化

過去に執着。今を生きられなくなった。

ミニマリストであったころと比べ、過去に執着することが増えていきました。

理由は、現在(いま)の暮らしに集中できなくなったからだと分析しています。

 

物は多ければ多いほど選択肢を増やします。

選択肢は増えれば増えるほど、人は選べなくなり、次第に行動もできなくなっていきます。

 

その結果、いま「何をすべきか」や「何をしたいのか」が分からなくなり、

「あの頃こうしていたら…」とか「あの頃はよかった」とか、

今じゃない時間ループで物事を考えるようになっていきました。

 

必要な最低限の物、いま必要なものだけを持つ暮らしというのは、

現在(いま)に心を置いて生きていくためにも重要なことです。

 

1つ物が増えると1つ執着が増える、なんて言葉もありますがまさにその通り。

物の多い状態は執着をたくさん抱えている状態ともいえると感じました。

 

スポンサードリンク

部屋が散らかる。片づけられない

ミニマリストの暮らしをやめたところ、部屋の片づけができなくなりました。

(元々超のつくほどの面倒くさがりな私は昔から片づけが苦手だったのです。)

だからこそ物を最低限まで減らし、片づけの手間をなくしてきました。

 

しかし、物を増やしてしまったがためにまた床に物が散らばるようになっていったのです。

結果、昔のように夫が私の物まで片づけるようにもなり、「またあの頃に戻ってしまった」と思いました。

 

物が増えると物の住所も一定にならず、物は散らかる一方となります。

必要最低限まで減らすこと、1つ1つの住所を決めることは改めて重要だと感じました。

 

改めて、ミニマリストでありたいと思った

今回はミニマリストをやめてから起きた2つの変化を紹介しました。

「さすがにこのままではダメだ」と思い、年末からまた物と向き合う暮らしをしています。

 

そこでもまた驚いたのですが、物が減ってスッキリしていくにつれ、

『もともとやりたかったこと』や『人生の目標』を思いだしていきました。

 

この経験から、

*物の量によってこんなに人は変わるんだ
*不要なものに囲まれた暮らしをしていると大切なことまで忘れてしまうんだ

と、身をもって実感しました。

 

そこで改めて、自分自身が今まで以上に物と向き合い、

物を減らしたことで得た経験や物の少ない暮らしの良さを伝えていきたい。

そう思うようになり、動画投稿を再開した次第です。

 

長らく動画投稿をお休みしてしまってすみません。

ブログも今年から再開したので、ご興味のある方は覗いていただけると嬉しいです。

 

それでは最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を患い、会社を退職。「会社に頼らず、自分の力で稼げるようになりたい」「無理せず働ける場所で生きたい」と思い、フリーランスの道へ。 現在はYouTubeとブログの収益でご飯を食べています!役立つお金の知識を発信しているので、ぜひご覧ください♪
ミニマリストぷーチャンネル

動画でも役立つ情報発信をしています!YouTubeもぜひチェックしてみて下さい♪
>>YouTubeをチェック