ミニマリスト

Twitter疲れの原因と対策。SNSを手放すことに【ミニマリスト】

「よし、Twitterをやめよう。」

今朝5時に起きて1つやらないことを決めてみた。

 

最近ずっと「Twitterやってる意味あるのかな?」と考えていて、少しずつ離れていっていた。

昔は引きこもりでリアルでの人との交流がなく、ネットを使って誰かと話したいという目的があったりしたけれど、今は特に使っている意義を感じない。

さらに言うとSNS活用時のネガティブな要素を強く感じていて、「やらないほうがいいんじゃないか」とすら思っていた。

 

そんなときに見かけたのがこちらのニュース、「人気ソーシャルメディアの若者のメンタルヘルスへの影響調査、最高なのはYouTubeで最悪なのはInstagram」。

なんとSNSにおいてメンタルヘルスにプラスの効果をもたらすのは【YouTubeだけ】だというビックリなもの。

でも実際わかるな~と思う部分もあり、今回の決断にいたった。

なぜ私がSNS(Twitter)疲れを感じたのか、そしてどう対策していくつもりなのかを本日はまとめます。

ぷー
ぷー
SNS疲れで悩んでいる人は一緒に離れてみませんか?

共感できるものがあればストレスなく生きるためにも考えてみてほしい。

 

SNS(Twitter)疲れの原因。手放そうと思った理由

SNS(Twitter)疲れの原因①イイネに振り回された

私はTwitterのイイネ機能に一喜一憂することが多かった。

できるだけたくさんの反応を得たいと思い試行錯誤をしていたのだが、イイネ数で左右される自分もださいなと思い始めた。

数字を追い求めていった結果、他者の評価ばかりを考え自分で自分を肯定する力が失われてきたようにも思う。

まるで人から評価されないと自分はダメだと言わんばかりに落ち込む日もあった。

 

スポンサードリンク

SNS(Twitter)疲れの原因②誰かの行動に影響を受けすぎる

SNSでは毎日膨大な情報が流れてくる。

そんな情報に自分の行動が左右される場面が何度かあった。

例えば人がうまくいっている姿を見ると自分もやりたくなったり、批判的な意見を見てこれはダメなのかと落ち込んだり。

本来やりたかったことからどんどん行動がブレていき、「何がしたかったんだっけ?」と思うようなこともあった。

誰かの影響を素直に受けるのはいい面もあるが、情報過多のこの時代では取る情報も精査しなくてはならない。

 

SNS(Twitter)疲れの原因③時間の無駄

ツイート後「反応はあったかな?」と覗いてみたり、ヒマな時間は「誰かつぶやいているかな?」と意味もなく見てみたり、SNSで時間をつぶす自分がいた。

1日の中でもっともムダな時間だと思いながらも、クセがつきすぎてやめられなかった。

ただでさえスマホやパソコンなどを見ている時間が長いのに、SNSの中毒性にどっぷりハマり、目の疲労は増すばかり。

そんな自分がいやだったし、思い切って手放していいんじゃないかと思い始めた。

 

SNS(Twitter)疲れの原因④返事をしなきゃというプレッシャー

リプライやメッセージを頂けることはとってもありがたいこと。

ただ心の調子によっては見るだけで精いっぱいなことも多かった。

返さないといけない義務はないのだが、自分自身がイイネで済ませるのが気持ち悪く、調子が戻ったらツイートを遡って返信をするようなこともあった。

返信も目に見えない相手を傷つけないようかなり慎重に考えてしまうため、それだけで心が疲弊することもあった。

 

SNS(Twitter)疲れの原因⑤ネガティブツイートに後悔

時々吐き出す場所がなく、Twitterでネガティブなことをつぶやいてしまうときもあった。

でもそういう自分が好きではないし、結局後悔することが多かった。

また、心が落ち着いてからタイムラインを見直したときに自分のツイートを見ると、「ああそういえばこんなことあったな」と再度落ち込むこともあった。

 

また、Twitterは自分がネガティブでないときでも悪影響を受ける。

誰かのネガティブツイートに影響されて、心が暗くなることもあった(最近は暗いニュースも多かったし)。

共感能力が高すぎるがゆえ、ツイートに感情が左右されることが多いと感じていた。

 

SNS(Twitter)疲れの原因⑥Twitterに適性がない

Twitterをしばらくガチで運営してきたつもりだが、正直伸び率は悪い。

私は人を巻き込んだり、140文字で想いを届けたりすることにあまり向いていないのだと思う。

Twitterでよくバズるツイートは、なにかを断言したり、強い言葉が入っていたりするが、そういうものも得意ではない。

自分に向いていない場所でもがき続けるよりは、得意を活かして自分を伸ばせる場所でさらに頑張るほうがいいのでは?とも思い始めた。

 

SNS(Twitter)疲れの原因⑦情報が多いわりに得られるものは少ない

元々今のアカウントは情報収集と自分のブランディング強化のために始めた。

ただ実際流れてくる情報で質が高いと思うものはめったにないし、情報を得る手段として疑問を感じ始めていた。

Twitterをぼーっと眺めているくらいなら1章でも本を読んだほうが得られるものは多いだろう。

誰かの感情や行動に一喜一憂して疲れるくらいなら、別のことに時間を割こうと思った。

 

SNS(Twitter)疲れの対策。

Twitterアプリは消去し、SocialDogで予約ツイート

とはいえ、いきなりTwitterアカウントごと消してしまうのは私にとって困ること。

【ブログでの評価とTwitterアカウントは関係がある】なんてことも言われているし、発信自体は止めたくない。

書いたブログ記事や作ったYouTube動画はできるだけ多くの人に見てもらいたいし、Twitterは告知手段として有能だとも思っている。

 

そのため対策として、ツイートは別アプリを使って続けることにした。

SocialDogというアプリはTwitterへの予約ツイートをすることが可能で、タイムラインを覗かずとも発信はできる。

Twitterで一喜一憂したり、他者に流されたりするのは、相手の反応を見たり他者のツイートを見たりするときなので、それさえなければストレスなく運営できるはず。

 

ということで試運転で約2週間にはなるが、Twitterを形式上手放して様子を見ようと思う。

まだ始めて数時間しかたっていないが、現状クセで何度も「Twitter」と検索してしまっている。

ただもうログアウトしているので問題はない。

 

ヒマな時間ができて手持ち無沙汰だったので、今日はブログを3本も書いた。

自分にとってはこれが理想の姿であり、最近にはない充実した時間だと感じる。

その後の変化はまた後日つづるので楽しみしておいてほしい。

 

さいごに、

いまSNSに疲れている方は一度離れて別の時間を過ごしてみてほしい。

他人に振り回されず、自分自身や半径3m以内の大切な人たちと向き合う時間は非常に大切だ。

最近はネットの世界に比重を置きすぎていたので、これを機にもっとリアルの人間関係とも向き合おうと思う。

発信数も増やしてさらに充実した日々を送れることを期待したい。

【ミニマリスト】××な人間関係は手放しました→その理由と結果。こんにちは、ミニマリストのぷー(@puu_blog)です。 あなたは今の人間関係に満足していますか?私はうつ病を機に人間関係の見直...
ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験→現在フリーランス。『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>お仕事依頼等はこちらへ!
YouTubeチャンネル

ミニマリストの暮らしを動画でも発信しています!チャンネルもぜひチェックしてみて下さい♪