ミニマリスト

【ミニマリスト】物を減らす際の注意点。捨てるものではなく残すものを考えよう

こんにちは、ミニマリストのぷー(@puu_blog)です。

先日にこういったツイートをしました。

 

ミニマリストに憧れ、物を減らしている最中の方も多いと思いますが、大切なのは「捨てるもの」ではなく、「残すもの」です。

このツイートについて深堀しつつ、物を減らす際に気を付けてほしいポイントなどを解説していきます。

 

【ミニマリスト】物を捨てるときの注意点

捨てるものではなく、残すものを考えるべき

ミニマリストを目指し、物を減らしている最中の方も多いでしょう。

ただし、物はなんでもかんでも減らせばいいというわけではありません。

ぷー
ぷー
わかっているとは思いますが…。

他者にどう思われようが、自分にとって大事な物、大好きな物は必ず残しましょう。

 

物を捨てることばかり考えていると、ただの”捨てマシーン”となってしまいます。

何故この話をするかというと、私が捨てることばかり考えていたため、”捨てマシーン”になりかけていたことがあったからです。

毎日目をギラギラさせ、「捨てる物はないか!?」と部屋中を見渡し、ゴミを見つけては捨てる、ということに快感を覚えていた時期がありました。

その後、モノにとどまらず、日常のムダが色々と気になるようになり、自分の大切なものまで切り捨てようとしていたこともありました。

(皆さんにはそのようになってほしくないので、今日は強めにお話しさせてもらっています。)

 

スポンサードリンク

残すべきものとはなに?

では何を残すべきかというと、

他者からどれだけ「無駄」と思われても、自分にとっては「大大大好きと思える物」ですね。

2つ具体例をお話ししていきます。

 

たとえば、こちらのくまのプーさん人形はなんの機能性もありません。

生産的でもないし、他者から見れば一見無駄なものと思われるかもしれないですね。

ただ私はこの人形に強く思い入れがあるため、到底捨てる気にはなりません。

ぷー
ぷー
見ているだけで癒しにもなるし、すごく大切なものです。

もし「便利性」や「機能性」だけで判断していたら、私はこの人形を手放してしまっていたかもしれません。

 

私にとって大切なゲームも、他人から見たら「無駄でしょ」と思われるかもしれません。

確かにゲームは受け身な楽しみであり、特に生産的なことは今できていません。

 

しかし、私にとってゲームは大大大好きなものです!

「夜思いっきりゲームするために昼は仕事をがんばるぞ~!」と、モチベーションにつながっていたり、ストレス解消になっていたりもします。

私にとってゲームは、引きこもり時代たくさんの交流を生み、大切な友人と出会わせてくれたツールでもあります。

一見ムダに思われそうな物でも、人それぞれ必要な理由があったり、その人の個性を作るものになっていたりしますよね。

 

だから物を減らすときは、2点大切にしてほしいことがあります。

①「何を捨てるか」ではなく「何を残すか」で考える

②他者にとってではなく、”自分にとって”必要かどうかで見極める

この視点をもって物を減らせば、あなたにとってときめく暮らしを手に入れることができますよ。

 

まとめ

ということで、物を減らす際の注意点をお話しさせていただきました。

ミニマリストのような身軽さを目指し、物を手放している最中の方はぜひ気を付けてみてください。

もしあなたの思考が「無駄な物、捨てる物はないか!?」となっていたら、一度考え方をリセットしたほうがいいですね。

繰り返しになりますが、大切なのは「捨てる物」ではなく「残すもの」を考えることです。

上手に物を減らし、ぜひときめく暮らしを手に入れてみてください!

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

 

 

ABOUT ME
ぷー
ぷー
23歳でうつ病を経験→現在フリーランス。『会社員以外の生き方』『お金の不安をなくす方法』『不要なモノの手放し方』を主に発信しています。>>お仕事依頼等はこちらへ!
YouTubeチャンネル

ミニマリストの暮らしを動画でも発信しています!チャンネルもぜひチェックしてみて下さい♪